自動車の処分

不要になった自動車を処分する場合、
ほとんどの人がディーラーや中古車買取店などに車両を持ち込んで処分してもらうと思います。

引き取られた車両は中古車として販売されるケースが多く、
このごろは海外に輸出されるというパターンも珍しくはありません。

しかし、あまりにも古かったり、事故などで全く動かなくなってしまっている車の場合は、
中古車として売ることもできないため、
鉄くずとしてスクラップ処分されてしまうこともあります。

自動車を処分する場合には、再利用の価値がある車両に関しては買取ってもらうことができますが、
再利用の価値のない車両に関しては買取ってもらうどころか、
有料で廃車処分をしてもらわなくてはならないこともあるのです。

このように有料で廃車処分をしなければいけないとなると「だったら自分で廃車手続きをしてみようかな?」
と思う人もいるのではないでしょうか。

 

廃車の手続きのやりかた

一般にはあまりなじみのない廃車の手続きですが、
手続きそのものはそれほど複雑なものではありません。

本人名義の普通車を処分する場合、車検証、印鑑証明、実印、免許証、
ナンバープレート、リサイクル券などを持って陸運局に行き、
手続きをすませるだけです(本人名義の車両でない場合や、
車検証の住所が違っている場合などは変更の手続きも必要になります)。

とはいえ、多くの人が廃車手続きを自分で行なわずに業者などに依頼するのにはわけがあります。

まず意外とやっかいなのがナンバープレートの取り外しです。

ナンバープレートには簡単に取り外せないように封印と呼ばれるカバーのようなものがついていますよね。

ナンバープレートの取り外しは、自分でできないこともないのですが、
外すにはちょっとしたコツが必要になります。

そして、一番の問題ともなるのが、ナンバープレートを外した状態の車両や、
故障で自走できない車をどうやって解体業者まで運ぶのか?ということです。

自分でレッカーなどを運転しない限り、業者に頼んで運んでもらうケースが多くなりますから、
だったらはじめから廃車手続きを専門に行なう業者にすべておまかせしてしまったほうがよいのではないか?
ということになるのです。